ファイアーバード

ファイアーバードV 1965年製 ファイアーバードV 1965年製

ノンリバース・ヘッド・リバースボディのファイアーバードです。
ヘッドがノンリバースになると弦のテンションが変わって、音も若干変わります。
色はこの時代特有のチェリーのサンバーストです。
また、アームバーは既にノンリバースボディ時代の物と同じになっています。











ファイアーバードX5 1963年製 ファイアーバードX 1963年製

ノーバードといわれる、ピックガードに鳥のマークのない初期のファイアーバードです。
ネックも2ピースで、ブリッジはスタッド型です。
ファイアーバードは持ったときのバランスが悪いので、ストラップピンはネックの付け根に移動してあります。












ファイアーバードZ 1964年製 ファイアーバードZ 1964年製

一瞬オリジナルとおもうほど、古い時期に黒にリフィニッシュされてようで・・・クラッキング等で貫録バッチリです。
もっとも、当時のギブソンのカラーチャートには、ブラックはありませんでした。
しかし、サンバーストはゴールドのツマミなので、元も違う色のフィニッシュだったのかもしれません。
3ピックアップ仕様なのですが・・・トグル・スイッチのセンターは、フロントとセンターのミックス・・・コントローラの配置も他のギブソンと異なるので、操作するときに混乱します。
ゴールド・パーツで、エボニー指板、ブロック・インレイが特徴で・・・なにはともあれ、見た目が最高です。










ファイアーバードZ 1965年製 ファイアーバードZ 1965年製

モデル・チェンジしてノンリバース型になったVIIです。
ノンリバース型はおとなしめなデザインですが、VやVIIのようにロング・ヴァイブローラが装着されると結構カッコ良く見えます。
VIIは生産本数が少なく、合計388本製作されたうちリバース型が約250本、ノンリバース型が150本弱となっています。
ストーンズのブライアン・ジョーンズ等の使用で印象が強いですが、意外と市場には出てきません。
リバース型VIIのエボニー指板と異なりハカランダ指板で、ボディも共通の物を使っていますので、Vとの違いはピックアップ数とゴールドのハードウェアだけです。
リバース型の重量バランスの悪さはかなり改善されていますが、未だ大きめなヘッドが災いして、弾いているとヘッドが下がってきます。
また、ネックが遠いためローポジションが弾きづらく、ネックジョイントがボディから飛び出しているのでハイ・ポジションも弾きやすくありません。








ファイアーバード 1976年製 ファイアーバード 1976年製

建国200年モデルのファイアーバードです。
ピックガードのマークには76という数字が入っています。
ネックは2ピースです。
ショルダー部がなで肩になっているのが再生産の特徴です。
音に関してはファイアーバードは、オールドと再生産品で、あまり違いが無いように感じます。










ファイアーバードV GuitarTrader 1982年製 ファイアーバードV GuitarTrader 1982年製

ギブソンのカラマズー工場を訪れたGuitarTrader社員が60年代のレフトオーバー・パーツを見つけたのを機にオーダーされたファイアーバードVです。
"Very Limited Re-issue! Firebird V"として1982年から1983年に15本製作され、ホワイトとサンバーストがありましたが共に1,250ドルで販売されました。
(ちなみに、有名なGuitarTraderのレスポール"59 Flametop The Ultimate Re-issue!"は47本製作され1,595ドルで販売されています)
このHPを作るきっかけになった"Guitar's Guitar's Guitar's"という書籍やGuitarTraderの"Vintage Guitar Bulletin"にも載っており、存在自体は昔から知っていたのですが、やっと巡り会えることができました。
GuitarTraderによると63年スペックとなっていますが、大きめのヘッドやなで肩のボディなど、建国200年モデルの影響がみられます。










<ギブソン・エレキギターに戻る>