カマカ自慢



オーナーの方の自慢のカマカを一覧にしようと思っています。
(仕様が特殊な物、ユニークなエピソードがある物、オーナーの思い入れのある物 .etc)
自慢のカマカがある方は、掲示板に「カマカ自慢エントリー」というタイトルで画像とコメントを投稿してください。
(もしくはメールで送ってくださってもかまいません)


1. オーナー birland

1-s
とりあえず、私の自慢品です。
1970年代初期のホワイトラベルで、ヘッドがコンサートと同様なものです。
特徴としては、指板が通常の物より幅が広くなっており、裏板は50年代の物と同様にネックヒールまで覆っています。
また、トップ側に黒いバインディングが施してあり、サイドのポジションマークはありません。
おそらく、カスタムメイドだと思います。


2. オーナー けん吉 さん

2-s
ヘッドロゴもインナーラベルもありませんが、間違いなくカマカだと思います。
表裏ともワンピースコア、ネック、指板、ナットまでコアでできています。
ホール内をのぞくと木屑がそのまま、手持ちのウクレレの中でもハワイ度ダントツです。日常の疲れを癒してくれる自慢品であります。


3. オーナー 小野 さん

3-s
購入後40年して初めて使い始めたカマカです。
1965年頃、御茶ノ水の楽器店で何気なく購入して以来、未使用のまま眠っていたカマカkeikiですが、最近ウクレレを習い初めて使いました。
Kamaka keiki Hawaiian Handmede の艶有りゴールドラベルが内部に、「K・02」というラベルがヘッド裏に貼ってあり、ダンボールのケースにはマジックで36と書いてあるので、製造本数の番号かな?と思っています。
ウクレレの先生は、弾いてみて「これはいい音だね」と言ってからラベルをみてうなずいています。良くわかりませんが、持っていて良かったと思っています。





ホームへ戻る