58ヴィンテージと59ヴィンテージ

結構、問い合わせが多いのが、当時の日本ギブソン(荒井貿易)がオーダーした58ヴィンテージ。
58ヴィンテージは1982年当時には、単にレスポール”ヴィンテージ”(あるいはレスポール”ナイストップ”)と呼ばれていました。
ここで紹介するモデル以外にも、カスタムショップ(ナッシュビル)製のシリアルナンバーがNから始まる物やレオズ・ヴィンテージも”ヴィンテージ”と呼ばれていたそうです。
おそらく、日本ギブソンがオーダーした”ヴィンテージ”が好評だったため、急遽、他のリイシュー・タイプも”ヴィンテージ”として輸入したのでしょう。

”ヴィンテージ”が好評だったため、日本ギブソンがオーダーして翌1983年に発売したのが59ヴィンテージです。
59ヴィンテージが定価59万円だったのに対して、定価58万円だった”ヴィンテージ”は、区別するために58ヴィンテージと呼ばれるようになりました。
(けっして、58年仕様という訳ではありません)
59ヴィンテージも好評なため、アメリカ国内で同じ1983年から販売がはじまったレスポール・リイシュー(LesPaul Reissue/Flametop)も輸入され、59ヴィンテージとして販売されました。
58ヴィンテージは特に数が少ないためか、後にムック本等で59ヴィンテージを58ヴィンテージ、初期レスポール・リイシューを59ヴィンテージと間違えて記載されたことがあり、混乱が生じました。
今回の比較対象は、正真正銘の59ヴィンテージです。

参考として、仕様の違いを比較するために1982年のカラマズー製レオズ・ヴィンテージも比べてみます。
さらに、レスポール・リイシューも比べてみます。

まずヘッドストックです。
(左側が58ヴィンテージ、右側が59ヴィンテージです)
両者とも、1弦と6弦のポスト間隔が広いスモール・ヘッドです。
58ヴィンテージはモダン・ロゴ(クローズド・ロゴ)、59ヴィンテージはドットレス・アイといわれるオープン・ロゴです。
(通常の59ヴィンテージは、iにドットがあります)
58ヴィンテージのLepaul modelの文字は通常より上にあります。
58ヴィンテージのペグは通常の1コブgibson deluxeですが、59ヴィンテージは2コブのブッシュ側からナットで締めるタイプです。
(通常の59ヴィンテージは、ブッシュ側からナットで締めるタイプで1コブの物が多いです)

参考に、レオズ・ヴィンテージとレスポール・リイシューのヘッドストックです。
レスポール・リイシューはペグが1コブなこと以外は59ヴィンテージとほぼ同じです。
レオズ・ヴィンテージのロゴは、oとnが上部でつながるアッパーリンクと言われるクローズド・ロゴです。
また、ロゴとlespaul modelの文字の位置が通常より上にあります。

ヘッドストックの裏側です。
両者ともボリュート無しのマホガニー1ピースネックで、ヘッド角度は17度です。
58ヴィンテージは、ヘッド裏にシリアル等が書かれていません。
59ヴィンテージは、9の後にスペースを空けて4桁のシリアルが小さめのフォントでスタンプされています。

こちらも参考に、レオズ・ヴィンテージとレスポール・リイシューのヘッドストック裏側です。
こちらも、ボリュート無しのマホガニー1ピースネックで、ヘッド角度は17度です。
レオズ・ヴィンテージはL1の後にスペースを空けて4桁のシリアルが小さめのフォントでスタンプされています。
レスポール・リイシューは、製造年の下1桁一文字の後にスペースを空けて4桁のシリアルです。
なお、レスポール・リイシューの初期型には、59ヴィンテージと同様に9の後にスペースを空けて4桁のシリアルのものがあります。

カッタウェイ部分です。
両者とも、カッタウェイ部は均一な幅のバインディングで、メイプルが見えています。
なお、この点はレオズ・ヴィンテージとレスポール・リイシューも、ほぼ同じのため写真は省略します。


カラマズー製(58ヴィンテージ)とナッシュビル製(59ヴィンテージ)の違いがよく判る部分です。
カラマズー製のはネックジョイントが17フレットより若干18フレット側なのに、ナッシュビル製はちょうど17フレットでジョイントされています。
また、カラマズー製のサイド・ポジション・マークが大きめの鼈甲柄なのに、ナッシュビル製は小さくて黒いサイド・ポジション・マークです。
さらに、バインディングの厚さにも違いが見られます。
そして、58ヴィンテージの指板はローズウッド製なのに対して、59ヴィンテージの指板はエボニー製です。
なお、フレットエッジ処理の違いは、58ヴィンテージのリフレットによるものと思われます。

コントロールキャビティです。
58ヴィンテージはキャビティの縁の部分に通常の8桁シリアルが刻印されていいます。
また、59ヴィンテージでは、弦アースを取るための配線が省略されています。
(シールド・プレートがあるので影響は少ない?)
ピックアップ・ケーブルのルーティングは両者ともロングドリルを使った丸い穴ですが、59ヴィンテージの方が1.5倍ぐらい穴が大きいです。
ポット・デイトは、58ヴィンテージが1980年と1981年で、59ヴィンテージは1982年です。

こちらも参考に、レオズ・ヴィンテージとレスポール・リイシューのコントロールキャビティです。
レオズ・ヴィンテージは、ヘッド裏のシリアルとは別にキャビティの縁の部分に通常の8桁シリアルが刻印されていいます。
なお、レオズ・ヴィンテージのポット・デイトは1981年と1982年です。
ピックアップ・ケーブルのルーティングは、レオズ・ヴィンテージは58ヴィンテージと同じですが、レスポール・リイシューはかなり大きい四角い穴です。
(レスポール・リイシューの初期型にはカラマズー製があり、キャビティの縁の部分に通常の8桁シリアルがあるものが存在します)

ピックアップ・キャビティです。
ピックアップは両者ともニューPAFと言われるもの。
58ヴィンテージには、前のオーナーが入れたものかもしれませんが、共振防止のスポンジが入っていました。
59ヴィンテージはスプリング部分用の深いルーティングと同じぐらい、ピックアップ・キャビティ自体が深く掘られています。

レオズ・ヴィンテージとレスポール・リイシューのピックアップ・キャビティです。
こちらもピックアップはニューPAFと言われるもの。
レスポール・リイシューは、ピックアップ・ケーブル用のルーティングの穴の大きさが目をひきます。




<追記>
かなり、改造されていますが、シリアルがNで始まるカスタムショップ(ナッシュビル)製を入手しました。
これも1982年製で、当時は”ヴィンテージ”と呼ばれていた物のひとつだそうです。

なんと!前オーナーによって、バックにコンター加工が施されています。

ヘッドです。

ロゴはクローズのOとNが上部でつながるアッパーリンクと言われるタイプです。
ヘッド裏にはNで始まるシリアルとカスタムショップのロゴがあります。
(ちなみにBirstGang本ではノーマンズ・レア・ギターズのオーダー品?と書かれていますが、ノーマンズのものはNRGから始まるシリアルです)
元々、ペグはブッシュ側から絞めるタイプだったのを、通常のクルーソン・タイプの物に交換してあります。


カッタウェイ部です。
他のリイシュー同様、均一な幅のバインディングで、メイプルが見えています。



コントロール・キャビティです。
ここいらへんもパーツが交換されているようです。
ピックアップの配線は、大き目のロングドリルによる丸い穴です。


ピックアップ・キャビティです。
ナッシュビル製らしく、ルーティングが深いです。


なお、このNから始まるシリアル・ナンバーの物には、1983年製のポットが着いている物もあり、”59ヴィンテージ”と製造時期が重なるため、日本ギブソンのオーダーとは考えにくいです。
(59ヴィンテージには1982年製のポットが着いているものもあり、1983年3月の雑誌広告に登場しているので、オーダー自体は1982年だったと思われます)

<(おまけ)レスポール・リイシューあれこれ>